「なるはや」について考えてみる : インターネット戦略ブログ|あなたに寄り添う

[ PC/スマホ版を表示 ]


「なるはや」について考えてみる

2018/07/13

いつもご覧頂きありがとうございます

今回のテーマである「なるはや」についてお伝えしたいと思います
「なるはや」とは、なるべくはやく結果を手に入れたい

そう、できることならカンタンに素早く
自分の望む願望を手に入れたい

誰しもそう思いますよね
あなたはいかがでしょうか

ヒトは元来、怠け者
できれば面倒なこと好きじゃないことはしたくない
楽なことだけをしていたい

私も例外ではありません笑

なぜ人はそう思うのか
考えたことはあるでしょうか

そもそもヒトの脳は、エネルギー消費をしないよう
怠けるように出来てるものなんです

ですから意識していなければマズローの欲求5段階にあるように
本能により近い考え方になるのです

ここでマズローの欲求5段階をまだご存知ない方のために
カンタンにお伝えすると
1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.所属と愛の欲求
4.承認の欲求
5.(超越的でない)自己実現の欲求
6.(超越的な)自己実現の欲求

1.は本能的に近い欲求で、1つ欲求が満たされると
高度な欲求になっていくというものです

これまで5段階でしたが、公に対する欲求という意味で
最近は6番目の(超越的な)自己実現の欲求ということも
言われています

そこで、ビジネスにおいてなるべく早くカンタンに
集客したい売上に結び付けたい

特に中小企業経営者にとって限られた時間や資金の中で
売上という結果を望むのであれば
なるべくはやくカンタンに結果を得たいと誰もがそう思いますね

ここで1つ考えてほしいことがあります
それは何か、もちろん素早くカンタンにできることで結果が得られるのが理想ですね
そのためには建物と同じように土台がしっかりとあってはじめて実現できるということ

もし土台がしっかりしていない状態で
その上にいくら頑丈な骨組みを作り
きらびやかな装飾で人が驚くような建物にしても
ちょっとした地震や強風があるとどうなるでしょうか

そうカンタンに崩壊してしまいますよね

またダイエットにしても
これまでと同じ食生活の延長で
カンタンに痩せられるのが一番望ましいですよね

ただ、同じ量を食べて痩せたいと思うのなら
食べる内容を変えなければ痩せることはできない
そういった基本的なことを理解していないとしたらどうでしょうか

食べる量を変えないで、痩せるには
1日1回の食事内容を見直して
どんな食べ物を選ぶとどのくらいのカロリーになるのか

そういった基本的なことが分かって
実行に移すことではじめて以前と違う望む効果が得られるわけです

もちろん、これまで慣れ親しんだ食生活から急に変えることは
非常に抵抗感を感じるのも人であります

そこで一気に変えることは継続できないというリスクをはらんでいます
いわゆるリバウンドですね
一気に痩せることはカンタンではないとしても
一気に結果を望むということは一気に元に戻りやすいということもいえます

では一体、カンタンに継続的にできるようにするにはどうすればいいのか
それには仕組み化して徐々に変えていくということです
仕組み化するからこそ、抵抗感を感じることなく
好きなものを食べても理想の体型を維持することができるのです

このことはマーケティング活動においても同じことが言えます
ではマーケティング活動において土台とは一体何か

それは、市場性、自社の強み、商品やサービスの強み、競合他社においての
関係性を捉えて、いかにあなたの提供する商品やサービスが
市場(お客様)に対して受け入れられ貢献できるか

また一番大事なことは、それが継続的に行うことができるか
何事も始めることはカンタンですが
事業の一番のむずかしさは継続的に市場に受け入れられるか

それは企業の存亡にもかかわってきます

仮にマーケティングっていったい何?と思ってる状態とすでにマーケティングをある程度熟知してる状態では
見えてる視点が違いますが、何十年と残っている企業は
どの地点においてもこの土台がしっかりとできています

土台がしっかりとしてるからこそ、なるはやで
いち早くお客様の求めることは何であるかを汲み取り
求めてることを時代に適応した
商品やサービスをお客様に提供できているです

これは移り変わりの激しいネットビジネスにおいても同じことが言えます

あなたのネットビジネスにおいて、しっかりとした土台が何かを
抑えているでしょうか

もし、なるはやで変化に対応できていないとすれば
今一度、市場性、自社の強み、商品やサービスの強み、競合他社においての
関係性を見直して何がボトルネックとなっているのか
土台を見直してみてはいかがでしょうか

PS
世の中には完璧な商品など1つもありません
ですから、なるはやで結果を求めるには
まずは現状のリサーチがとても重要です

正確な現状を把握し何が課題問題なのかを具体化し
緊急度、重要度に分けて優先順位を明確にして
今すぐやる必要があること、1年後3年後5年後将来を見据えて
今すぐではなくても最重要事項で必ずやるべきこと

なるはやで結果を出すためにも何をどう改善し
いつまでにやることが重要なのか
点検されてはいかがでしょうか

[ PC/スマホ版を表示 ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | [ PC/スマホ版を表示 ]
Copyright © 札幌にあるホームページ制作会社 ノースメディア
powered by WebBoard