「なるはや」について考えてみる